TOP

私の体験談を読んで、みんなで風俗にいきましょう!

しっかり者の風俗嬢でしたね、彼女

川崎でお世話になった彼女は、見かけだけで言えば天然風の風俗嬢というか、どこか抜けている感じもあったんですよ。笑顔が多いし隙を感じさせたからなのかもしれませんが、実際の彼女は相当なしっかり者でした。
彼女曰く、自分がしっかり者ではないからこそ、しっかりしようと心掛けているって話してくれましたけど彼女は細かい部分にまで気を使ってくれる風俗嬢。これだけの配慮が出来る女の子はあまりいないんじゃないかなとも思ったほどですけど、彼女が言うにはそれも頑張っているからだと(笑)そういったことを自分で言う辺りが彼女の可愛さなんじゃないかなとも思いましたね(笑)
それに彼女、喋り方が独特のイントネーションでそれも色気に繋がっていたような気がします。方言とは微妙に違うんじゃないですかね。なまりというよりも独特のイントネーション。そこにも惹かれたような気がします。つまりは結果的に彼女を指名して大正解の時間を過ごすことが出来たんじゃないかなって。

小顔が印象的な風俗嬢

小顔の風俗嬢のMちゃん。川崎の風俗で遊んだ子で一番印象的な風俗嬢って聞かれたら、彼女のことを初めに思い出します。
彼女はとにかく小顔。身長はそれなりにあるのにですよ。でも小顔ってことでモデルのような雰囲気もありましたよね。見れば見る程お人形のような雰囲気をしているんですよ。それだけでも自分にとってやっぱり嬉しいものじゃないですか。いろいろと理屈や蘊蓄を持っている風俗マニアもいると思いますけど、外見だって立派な判断材料ですよ。むしろ外見が良くなければまず初めに「お世話になろう」って気持ちにならないと思うんですよね。それだけに小顔って所に魅力を感じれたのかなとも思いました。
実際の所、風俗って何が自分の感覚に引っ掛かるのか分からない部分もあるので、彼女のような存在感のある風俗嬢との時間は有意義なものになったと胸を張って言えますよね。単純に外見の良い風俗嬢の方が男としても利用したいって気持ちにさせられると思いますし、そこで上玉だった時は感動が更にもう一段高まりますよね。

失恋した反動で川崎まで風俗へ

最近は少し落ち着いてきましたけど、ちょっと前まで風俗に対してかなり頻度が高まっていました。それまではマイペースに利用していましたけど、毎週のように川崎に行って、それこそ時には一週間に何度か風俗にお世話になったこともありました。
風俗に対して前のめりになってしまったというよりも、失恋の反動なのかもしれません。失恋したことによって何とも言えない気持ちが自分の中を駆け巡ったんですよ。いろいろな思いが錯綜しましたけど、一番は「ヤる相手がいない」というものでした。性的な面での不満というか枯渇というか。その反動で風俗を思い切り利用することになってしまったのかなと。風俗であれば女の子と好きなだけ楽しめるじゃないですか。しかもあれこれ気を使う必要もありません。好きなだけ楽しめるとあって、自分にとって風俗ほど楽しいものはないんじゃないのかなとさえ思った程。
ですが最近は少し落ち着いてきたので、これまでのように質より量ではなく、量より質で川崎の風俗を楽しみたいですね。